ペットと家族にやさしく寄り添う。

About us

1つでも多くの「いのち」を救うため尽力します

当院の名称「カインド」には「様々な」動物、さらに「思いやり」をもってという意味が込められております。

コンパニオンアニマルの種類や病気は時代とともに移り変わり、時代に合わせた獣医療をオーナー様に提供することが大切と考えております。我々は向上心を持ち続け、各種学会・セミナー・獣医学情報をオーナー様に提供し、適切なインフォームドコンセント(説明と同意)を実施することをお約束します。学術情報は無機質なものですが、そこに「思いやり」を込めることでオーナー様の満足につながる獣医療ができると信じております。

カインド動物病院チーム一丸となり動物病院の根底である一つでも多くの「いのち」を救うことに尽力いたします。

ご来院されるオーナー様、ペット様には思いやりのある治療
社員に対しては向上の心を持ち、学びの場を提供できる
そんな病院を目指します

診療のご案内

Medical

一般診療

手術・入院案内

エキゾチックアニマル診療

腫瘍治療

歯科治療

症例紹介

Case introduction

爬虫類

トカゲ ダニ寄生

【病態】 ペットショップで生体を購入する際、CB・WCなどの起債がある場合があります。 ワイルド個体といわれる野外採集個体では外部および内部寄生虫が寄生している場合が高率であります。 ……

more

デグー

デグーの眼球突出

【病態】 デグーやその他小型哺乳類は頭蓋骨に対して眼窩(眼球が入るくぼみ)が浅く、ちょっとしたことで眼球が飛び出してしまうことが多いです。 皮膚病や外傷で目を気にして掻いているだけでも目が……

more

ハリネズミ

ハリネズミの卵巣腫瘍

【病態】 飼育下のハリネズミの33%に生殖器疾患が認められたとの報告があり、皮膚疾患に次いで2番目に多いとされています。 子宮の腫瘍性疾患は多く2歳以上での発生が一般的で、腺肉腫、子宮内膜……

more

ウサギ

ウサギの胸腺腫

【病態】 ウサギの縦隔腫瘤は胸腺腫、膿瘍、リンパ腫などが多いが、発生率や好発品種、年齢、性別などは不明な点が多い。 【診断】 無痛性両側性の眼球及び第三眼瞼の突出が症状として認められ……

more

ハリネズミ

ハリネズミのヒゼンダニ

【病態】 Caparinia属のキュウセンダニ、Notoedres属、Chorioptes属のヒゼンダニおよびDemodex属のニキビダニが皮内感染するダニとして報告されています。 皮膚糸……

more

ページTOPへ戻る

copyright KIND VETERINARY CLINIC All Rights Reserved.