カインド動物病院

症例紹介Case

アクセスはこちら

TOP > 症例紹介

症例一覧

Case

小型哺乳類

フクロモモンガの去勢手術

今回は病気ではありませんが、フクロモモンガの去勢手術をご紹介します。 フクロモモンガの去勢手術は望まない繁殖の予防、自傷行動の軽減等を目的として行われることが多いです。 当院では陰嚢摘出に……

more

PBFD(オウム類嘴羽病)のインコ

【病態】 PBFDは、オウム科の鳥類に多く見られるサーコウイルスを原因ウイルスとする病気です。 症状として、羽毛の変色・脱落、くちばしの異常成長、免疫力の低下が挙げられます。この病気は、羽……

more

爬虫類

トカゲ ダニ寄生

【病態】 ペットショップで生体を購入する際、CB・WCなどの起債がある場合があります。 ワイルド個体といわれる野外採集個体では外部および内部寄生虫が寄生している場合が高率であります。 ……

more

デグー

デグーの眼球突出

【病態】 デグーやその他小型哺乳類は頭蓋骨に対して眼窩(眼球が入るくぼみ)が浅く、ちょっとしたことで眼球が飛び出してしまうことが多いです。 皮膚病や外傷で目を気にして掻いているだけでも目が……

more

ハリネズミ

ハリネズミの卵巣腫瘍

【病態】 飼育下のハリネズミの33%に生殖器疾患が認められたとの報告があり、皮膚疾患に次いで2番目に多いとされています。 子宮の腫瘍性疾患は多く2歳以上での発生が一般的で、腺肉腫、子宮内膜……

more

ウサギ

ウサギの胸腺腫

【病態】 ウサギの縦隔腫瘤は胸腺腫、膿瘍、リンパ腫などが多いが、発生率や好発品種、年齢、性別などは不明な点が多い。 【診断】 無痛性両側性の眼球及び第三眼瞼の突出が症状として認められ……

more

ハリネズミ

ハリネズミのヒゼンダニ

【病態】 Caparinia属のキュウセンダニ、Notoedres属、Chorioptes属のヒゼンダニおよびDemodex属のニキビダニが皮内感染するダニとして報告されています。 皮膚糸……

more

ミーアキャット

ミーアキャットの去勢手術

今回は病気、というわけではございません。 ミーアキャットさんの去勢手術のお話をさせていただきます。   近年ミーアキャットさんの去勢手術は一般的に広く行われる手術となり、将……

more

鳥類

鳥の卵詰まり

【病態】 発情に伴い産卵時に問題が起こることが鳥類では非常に多いです。 発情の段階によっては対応が大きく異なります。 【診断】 身体検査、レントゲン検査、超音波検査にてどういう……

more

チンチラ

チンチラの子宮疾患

【病態】 比較的まれな疾患ですが、チンチラの子宮の疾患を時折認める場合があります。 子宮内膜炎、子宮蓄膿症などが一般的には多いようですが、子宮の腫瘍(子宮平滑筋種、子宮繊維腫、子宮血管腫e……

more

犬 マラセチア性外耳炎

【病態】 外耳炎は様々な原因で起こることが報告されていますが、アレルギー性疾患、物理的要因などが先行して外耳炎をおこし2次的に細菌感染や、マラセチア(真菌) による外耳炎を起こすといわれて……

more

ウサギ

ウサギ 外部寄生虫

【病態】 ウサギの外部寄生虫としてネコノミ(Ctenocephalis felis)、ウサギズツキダニ(Listrophorus gibbus)、ウサギツメダニ(Cheyletiella par……

more

犬の外耳炎

【病態】 外耳炎は鼓膜から外側の耳道に発生する炎症性疾患でその発生には多くの因子が関与しています。 原因は物理的要因、外部寄生虫、基礎疾患などに分類されます。        ……

more

フェレット

フェレットのインスリノーマ

【病態】 フェレットにおいて最も多く認められる腫瘍であり、遺伝的要因と炭水化物を多く含む食事が示唆されているが、確定はしていません。 【診断】 症状(嗜眠、脱力、流涎、前肢で口を掻く……

more

ネコの皮膚炎

【病態】 ネコに発生する皮膚炎には様々な原因が存在し、それぞれ対処法が異なります。 ノミ、食物、蚊によるアレルギー、真菌、疥癬の感染、肥満細胞腫、腫瘍また膀胱炎や便秘などによる違和感や精神……

more

ネコの気胸

【病態】 気胸とは、胸腔内に何らかの原因(肺炎、腫瘍、外傷、交通事故etc)によりエアーが貯留している状態を指します。 【診断】 レントゲン検査にて左右どちらの肺にエアーが貯留してい……

more

ウサギ

ウサギの不正咬合

【病態】 ウサギの歯は28本ありすべてが常生歯(一生伸び続ける歯)です。鼻の短い種類(ネザーランドドワーフ)やケージをかじる、不適切な食餌、外傷などが原因となると報告されています。 【診断……

more

犬の回虫症

【病態】 犬回虫は90日齢未満の幼犬に寄生する5-20㎝の白色から黄白色の線虫です。 胎盤感染、乳汁感染などを起こします。 【診断】 検便によって虫卵の検出で診断される。 ……

more

爬虫類

蛇のダニ寄生

【病態】 蛇に寄生するダニとしてヘビダニ(Ophionyssus natricis)が多いと報告されています。また他種のダニの寄生も認められるようです。 機械的に細菌感染症を伝搬することが……

more

猫の虱

【病態】 虱(シラミ)は羽をもたない昆虫で、宿主の血液を吸って生活しています。宿主特異性が強く猫の虱が人間にうつることはないと考えられています。 【診断】 被毛の目視による。 ……

more

犬のクッシング症候群

【病態】 生体内のコルチゾールが過剰になることで引き起こされる病態です。 犬で一般的によく見られます。 【診断】 多飲多尿、多食、腹囲膨満、脱毛、皮膚菲薄化などの臨床症状を呈す……

more

小型哺乳類

ジリスの皮下腫瘤

【病態】 ジリスに限らず体表に癌が発生することがあります。エキゾチックペットでの大規模研究は報告がほとんどなく、発生疫学なども不明であることが多いです。 【診断】 細胞診をして、手術……

more

両生類

カエルの脱腸

【病態】 腸重積や腹腔内疾患による努責によっておこります。 【診断】 目視、綿棒による触診によって行います。 【治療】 綿棒による整復を行います。抗生物質による治療も必要……

more

猫の糖尿病

【病態】 猫の糖尿病の8割が人間の2型糖尿病に類似する病態であることが分かっています。 肥満や医原性に発生することが報告されています。 【診断】 多飲多尿、多食、体重減少などの……

more

鳥類

セキセイインコの多発性神経炎

【病態】 脚気(かっけ)として知られている病気です。 幼若鳥に多く発症する傾向があり、 跛行(びっこ)を引きながら歩いたり、止まり木に止まれず落下してしまうといった様子が見られるようになり……

more

爬虫類

ヒョウモントカゲモドキの異物誤食

【病態】 飼育下のトカゲにおいては誤飲は飼育に使用する床材を摂取することで起こることが多い。 検査での確定診断が難しいことがあり、飼い主様よりの情報も非常に大切です。 【診断】 ……

more

猫の消化管内異物

【病態】 異物の誤食や腸重積など、若齢の症例での発生が多い。 【診断】 レントゲン検査、超音波検査、消化管造営検査などで異物や腸管の閉塞を確認します。 【治療】 閉塞が疑……

more

デグー

デグーの不正咬合

【病態】 デグーは、モルモットやチンチラと同じげっ歯目に分類される動物で、すべての歯が常生歯です。不適切な食餌や外傷により不正咬合が発生します。 また上顎切歯歯根部が腫瘤状に成長する仮性歯……

more

ウサギ

ウサギの子宮疾患

【病態】 中高齢のウサギさんは子宮に問題を抱えるケースが大変多いです。 子宮内膜症、子宮腫瘍、子宮蓄膿症などが原因として多いものになります。 【診断】 血尿や腹囲膨満などで発見……

more

犬の尿石症

【病態】 尿石症は「尿路系に形成された結石によって何らかの病的状態をきたしていること」と定義されます 遺伝的要因や性ホルモン、運動活動性、栄養摂取が原因として関与していると考えられています……

more

ページTOPへ戻る

copyright KIND VETERINARY CLINIC All Rights Reserved.