カインド動物病院

症例紹介Case

アクセスはこちら

TOP > 症例紹介

症例一覧

Case

小型哺乳類

フクロモモンガの自咬症

【病態】 体の様々な部位で自傷行為がみられる。しっぽ、陰部、胸部などである。 自然界ではフクロモモンガは複数頭で生活する動物であり、単頭飼育でのストレスが原因になっている可能性が報告されて……

more

小型哺乳類

フクロモモンガの皮下膿瘍

【病態】 口腔内細菌の感染や外傷などが原因によるほっぺたの腫れがみられます 糖質の多い食べ物が多いフクロモモンガではよく見られる病態です 【診断】 腫れている部位の切開や口腔内……

more

ページTOPへ戻る

copyright KIND VETERINARY CLINIC All Rights Reserved.