カインド動物病院

当院についてAbout us

アクセスはこちら

TOP > 当院について

ごあいさつ

院長

原 崇洋Hara Takahiro

大切なご家族のホームドクターとして

2021年ショッピングモール・レスパ敷地内にカインド動物病院を開院させていただきました、院長の原崇洋と申します。
地域におけるホームドクターとなれるように、尽力します。
わかりやすい説明とオーナー様に寄り添った治療を心がけますのでどうぞよろしくお願いいたします。

経歴

2012 / 酪農学園大学獣医学部獣医学科卒

2012-2018 / 平成動物病院にて勤務

2016 / (株)ORM『犬と猫のCT読影』修了

2018-2021 / 神領ビーイング動物病院にて勤務

2021 / かみや動物クリニックにて勤務

所属学会
  • 日本獣医エキゾチック学会
  • 日本獣医がん学会
  • 爬虫類と両生類の臨床と病理のための研究会
  • 愛知県獣医師会
  • 岡崎市獣医師会

経営理念

ご来院されるオーナー様、ペット様には思いやりのある治療。
スタッフに対しては向上の心を持ち、学びの場を提供できる。
そんな病院を目指します。

診療方針 信頼される街のホームドクターとなる動物病院を目指します

インフォームド・コンセントの徹底

オーナー様と動物たちの声に耳を傾け、その子にあう診療方針をご提案させていただきます。

安心と満足への努力

診療のご提案、ご説明やオーナー様のご質問にはできるかぎり丁寧に、わかりやすく応対させていただくよう努めます。

診断・治療技術の向上

獣医学会や研究で最新の知識を学び、質の高い動物医療でオーナー様と動物たちに還元いたします。

当院の特徴

1

エキゾチックアニマルも
得意

一般的なワンちゃんネコちゃんだけでなく、ウサギ、フェレット、ハリネズミ、げっ歯類、鳥類、爬虫類、両生類、小型哺乳類などのエキゾチックアニマルにも対応した動物病院です。

2

がん治療に対応 

日本獣医がん学会に入会しており、がん治療に力を入れています。

3

低ストレスの
検査・治療法を実践 

動物たちになるべく痛みを与えないよう、医療機器を導入しています。

院内紹介

受付

待合室

診察室

手術室

設備紹介

オートクレーブ

手術器具を滅菌する器械です。

レントゲン撮影装置

レントゲン写真の撮影をする装置です。

レントゲン現像装置

レントゲン写真の撮影をする装置です。

遠心分離機

検体を遠心分離する装置です。

血球計算機

血液の細胞成分を計算する装置です。

手術台

外科手術を行う台です。

診察台

診察を行う台です。

生化学分析装置

血液の化学分析を行います。

生物顕微鏡

肉眼で観察できない微細な検体の観察ができる機器です。

超音波装置

超音波を用いて体内の臓器の構造を探査する装置です。

分包機

お薬を服薬のパターンに沿って薬袋に袋詰めする装置です。

麻酔器・人工呼吸器

全身麻酔をかける装置です。心電図などの生体モニターも備えており、安全に麻酔をかける装置です。

ページTOPへ戻る

copyright KIND VETERINARY CLINIC All Rights Reserved.