ペットと家族にやさしく寄り添う。

About us

1つでも多くの「いのち」を救うため尽力します

当院の名称「カインド」には「様々な」動物、さらに「思いやり」をもってという意味が込められております。

コンパニオンアニマルの種類や病気は時代とともに移り変わり、時代に合わせた獣医療をオーナー様に提供することが大切と考えております。我々は向上心を持ち続け、各種学会・セミナー・獣医学情報をオーナー様に提供し、適切なインフォームドコンセント(説明と同意)を実施することをお約束します。学術情報は無機質なものですが、そこに「思いやり」を込めることでオーナー様の満足につながる獣医療ができると信じております。

カインド動物病院チーム一丸となり動物病院の根底である一つでも多くの「いのち」を救うことに尽力いたします。

ご来院されるオーナー様、ペット様には思いやりのある治療
社員に対しては向上の心を持ち、学びの場を提供できる
そんな病院を目指します

診療のご案内

Medical

一般診療

手術・入院案内

エキゾチックアニマル診療

腫瘍治療

歯科治療

症例紹介

Case introduction

爬虫類

蛇のダニ寄生

【病態】 蛇に寄生するダニとしてヘビダニ(Ophionyssus natricis)が多いと報告されています。また他種のダニの寄生も認められるようです。 機械的に細菌感染症を伝搬することが……

more

猫の虱

【病態】 虱(シラミ)は羽をもたない昆虫で、宿主の血液を吸って生活しています。宿主特異性が強く猫の虱が人間にうつることはないと考えられています。 【診断】 被毛の目視による。 ……

more

犬のクッシング症候群

【病態】 生体内のコルチゾールが過剰になることで引き起こされる病態です。 犬で一般的によく見られます。 【診断】 多飲多尿、多食、腹囲膨満、脱毛、皮膚菲薄化などの臨床症状を呈す……

more

小型哺乳類

ジリスの皮下腫瘤

【病態】 ジリスに限らず体表に癌が発生することがあります。エキゾチックペットでの大規模研究は報告がほとんどなく、発生疫学なども不明であることが多いです。 【診断】 細胞診をして、手術……

more

両生類

カエルの脱腸

【病態】 腸重積や腹腔内疾患による努責によっておこります。 【診断】 目視、綿棒による触診によって行います。 【治療】 綿棒による整復を行います。抗生物質による治療も必要……

more

ページTOPへ戻る

copyright KIND VETERINARY CLINIC All Rights Reserved.