カインド動物病院

症例紹介Case

アクセスはこちら

TOP > 症例紹介

フェレットの副腎疾患 2022.04.16

【病態】

フェレットに発生するもっとも一般的な内分泌疾患である。副腎皮質からの性ステロイドホルモンの過剰分泌と

それに伴う典型的な臨床症状を特徴とする疾患である。

【診断】

身体検査にて特徴的な症状(脱毛、外陰部の腫大、前立腺肥大など)から容易に診断することができるが

超音波検査や血中ホルモン濃度などによって診断する。

【治療】

外科治療(副腎摘出)や内科治療(ホルモン注射)による治療が必要となる。

内科治療は生涯必要となる。

【予後】

診断時の症状によりますが、良好にコントロールされる場合が多い。

貧血や出血傾向、尿路の閉塞をきたした子は注意が必要。

 

紹介する子は4歳の去勢済フェレットさんです。

おしっこが出ないという主訴で来院されました。超音波検査では前立腺の肥大、両副腎の腫大が確認されたため尿カテーテルの留置を行いました。

包皮腺も腫れており、沈静下でカテーテルを設置し、上記のホルモン注射を行いました。

数日後カテーテルを除去し、自力での排尿を確認したのち退院となりました。

 

 

 

ページTOPへ戻る

copyright KIND VETERINARY CLINIC All Rights Reserved.