カインド動物病院

症例紹介Case

アクセスはこちら

TOP > 症例紹介

犬の回虫症 2022.10.30

【病態】

犬回虫は90日齢未満の幼犬に寄生する5-20㎝の白色から黄白色の線虫です。

胎盤感染、乳汁感染などを起こします。

【診断】

検便によって虫卵の検出で診断される。

【治療】

駆虫薬の内服薬が第一選択です。症状は軽度かない場合がほとんどです。まれに腸閉塞を起こすことが報告されています。

【予後】

良好。

 

 

写真は出産後の犬の便から検出された回虫卵です。

子犬にも同様の虫卵が検出され、回虫卵として内服薬による治療を行いました。

便から虫体が排泄されたのちは、検便に虫卵が混じることもなくなりました。

«  

ページTOPへ戻る

copyright KIND VETERINARY CLINIC All Rights Reserved.