カインド動物病院

症例紹介Case

アクセスはこちら

TOP > 症例紹介

ウサギの膀胱結石 2022.04.15

【病態】

ウサギの尿は正常でもアルカリ性であり、正常でも尿に結石がみられる場合もあるが

あまりに大きく成長してしまった結石に関しては外科手術での摘出が必要になる場合が多い。

【診断】

レントゲンや超音波検査などで尿路に結石の存在を確認する(腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石etc)

【治療】

ウサギが無症状の場合は、食事指導などで改善する場合もあるが

血尿、腎不全、頻尿などの症状がある場合は手術の適応となる。

【予後】

術前の状態によるが、腎不全が重度なものなどは予後が厳しい場合が多く

膀胱に数の少なく大きい結石が存在する場合は手術時間も短く、周術期を過ごせる場合が多い。

術後に食事管理で再発を防ぐ必要がある。

 

 

 

紹介するのは2歳の避妊済のウサギさんです。

主訴は血尿。レントゲンにて膀胱に結石を認めたため外科手術にて摘出しました。

術後は血尿もありませんでした。

 

«  

ページTOPへ戻る

copyright KIND VETERINARY CLINIC All Rights Reserved.